「思っているほど痛くない?」インプラント治療と痛みについて解説

インプラント治療は外科手術を伴う治療方法のため、まったく痛くないとは言えません。しかし、できるだけ痛くないように、治療にいろんな工夫が加えられたり、最新の治療器具が開発されたりしています。インプラント治療に伴う痛みの原因や痛みを少なくする方法について、解説します。

インプラント治療は痛い?

インプラント治療は、実際にはどれくらい痛みを感じるのでしょうか。手術前後に分けて紹介します。

麻酔の痛みについて

手術の際には必ず麻酔を使うため、術中はほとんど痛みを感じません。麻酔注射に関しても、歯茎に塗る表面麻酔や極細針などを使う他、麻酔液を少しずつ注入するなど細心の注意が払われるため、安心して臨むことができます。麻酔薬を人肌に温めて、より痛みを緩和するなど、医院・クリニックによってさまざまな工夫がされています。

手術中の痛みについて

インプラント1本の埋入時間は15分~20分程度であり、さほど時間がかかる手術ではありません。歯茎の中に埋まっているような親知らずの抜歯と比べて、比較的小規模な手術であると言えるでしょう。局所麻酔をするため手術中の痛みはほとんど感じません。

ただし、手術中の器具の音や振動に対して、精神的にプレッシャーを感じる場合があります。そうした患者には、静脈内鎮静法での対応が可能です。静脈内鎮静法とは、全身麻酔とは違って半分眠ったような状態になるため、恐怖感や緊張感を抑えつつ、穏やかな気持ちで手術を受けることができます。

術後の痛みについて

骨が足りない場合に行う骨造成を伴う手術以外は、麻酔が切れてからの痛みは2~3日程度で治まります。腫れるようなケースも少なく、痛み止めで十分に耐えられる程度の痛みであると理解していただいて問題ないでしょう。1週間程度で抜歯をしますが、その際にも麻酔があるため過度な心配はいりません。

骨造成を行った場合は、通常の手術よりも痛みを感じる期間が長くなるのが一般的です。その理由は、通常のインプラントの治療よりも、広範囲にわたって手術するためです。痛みのピークは術後の3日間ほどで、その後は10日間ほどをかけて痛みも腫れも徐々に引いていきます。不安な方は痛み止めを処方してもらうとよいでしょう。

インプラント治療の痛みの原因とは

インプラント治療に限らず、どのような歯科治療であってもまったく痛みがないわけではありません。ここでは、痛みの原因について、正しく理解してみましょう。

痛みの原因

歯茎の切開に伴う反応が痛みの原因です。切開したり縫合したりするため、もちろん痛みが伴います。ただし、手術の際には必ず麻酔を施すため、術中も痛いといったことはありません。注射針麻酔を使用するため、麻酔の際の痛みはほんの一瞬です。ほんの少しの痛みにも過敏な場合は、あらかじめ歯茎に表面麻酔してから針麻酔するため、一瞬の痛みも感じないほどです。

痛みを感じる期間

一般的なインプラント手術であれば、2~3日ほどで痛みは引いてしまいます。長く痛むのは、複数のインプラントを埋入したり、骨造成手術も同時に行ったりした方です。こうした場合は、インプラント1本の埋入手術に比べて、どうしても広い範囲にわたって手術をしなければならないため、痛みが大きくなってしまいます。広範囲に患部が広がるため腫れが伴うこともありますが、長くても10日ほどで治まります。過度な心配はいりません。

痛みを緩和する方法

インプラント手術に痛みが伴うのは避けられませんが、ちょっとした心がけで術後の痛みを緩和することができます。

食事・飲み物の制限

術後すぐは麻酔が残っているため、飲食は控えましょう。痛みを感じないのと同時に、熱さや冷たさも感じないため、気づかないうちにやけどをしてしまうことがあります。また、口がうまく動かなくなっているため、無意識に口内を噛んでしまう場合もありますからぜひご注意ください。

完全に麻酔が切れるのを待ってから、できる限り柔らかいものを口にするようにしましょう。もちろん患部で食べ物を噛んではいけません。最悪の場合、顎の骨に埋入したインプラント体がずれてしまうといったトラブルになりかねません。

飲酒を控える

手術の際には出血が伴うため、術後2~3日は飲酒を控える必要があります。出血が止まらなくなる他、腫れが引かない原因にもなりかねません。飲酒によって患部が刺激されると炎症が強くなったり、膿が発生したりして、痛む期間がより長くなってしまいます。

入浴の制限

入浴に関しても十分な注意が必要であり、必ず医師の指示に従ってください。特に術後1~2日は熱い湯船につかったり、サウナに入ったりしてはいけません。しばらくの間はシャワーのみにするとよいでしょう。もちろんシャワーも高温にするのは厳禁です。体を温め過ぎると全身の血流が良くなり、患部の出血や炎症を促してしまうことになります。術後数日経ってからも、少しでも患部に違和感を覚えるようなことがあれば、入浴を控えるようにしてください。

軽い運動も控える

入浴によって体が温められると出血や炎症がひどくなるのと同様に、運動によって血の巡りが良くなると出血が治まらなかったり腫れたりする原因になってしまいます。術後は運動を控えるようご注意ください。

また、運動によって疲労が蓄積されることで体を修復させる機能が衰えたり、免疫力が落ちてしまったりする可能性が高まります。睡眠不足によっても運動による疲労と同様のことが起こります。そのため、十分な休息を取るよう心がけましょう。

体を使う仕事は休む

術後は安静にしておくことが理想ですが、仕事で体を動かすことが多い方もいらっしゃるかと思います。そうした場合、理想は仕事を休んだり、体を動かす作業は控えてデスクワークに切り替えたりすることです。なかなか仕事の都合がつかない方は、休日前に手術を行うようにスケジュールを調整することをおすすめします。長期の連休前などであれば、十分な休息が取れるでしょう。

術後は状態に注意して過ごす

硬いものを噛んで噛み合わせがずれてしまったり、痛み止めが体に合わずに痛みが治まらなかったりする可能性がありますので、術後は特に体調の変化や違和感に注意して過ごしてください。ある程度の個人差はありますが、多くの場合1週間から2週間ほどでほとんどの痛みや腫れが引いていきます。もし長引くような場合は、早めに医師にご相談ください。

まとめ

インプラント治療は必ず麻酔を施してから手術するため、術中に痛みを感じるようなことはありません。術後も多くの場合、腫れはなく、痛みがあるとしても2~3日程度で治まるのが一般的です。心配し過ぎる必要はありませんので、どうぞご安心ください。それでも不安があるようであれば、医師に相談して、静脈内鎮静法や全身麻酔の採用を検討してみてください。他にも、患者負担を軽減するために、気持ちを落ち着かせる薬や高度な緩和技術を駆使するクリニックもあります。ぜひ参考にしてみてください。

 

インビザラインで後悔するのはどんなタイプ?後悔する原因と注意点を解説

インビザラインとはどのような治療?矯正方法やメリット・デメリットを解説

【気になる費用を解説】注目を集めるインビザライン矯正とは

コラム一覧へ

Clinic Information医院情報

テスト7 テスト6 テスト5 テスト4 テスト3 テスト2 テスト1 エントランス オペ室ベージュ オペ室
  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12クローバー銀座ビル3F
診療時間 10:00~18:00(最終受付)
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556